江角マキコと長嶋一茂との確執が明らかに、ママ友間で起こった事件の全貌

江角マキコ

 芸能人の子供がイジメに関与…と聞くと思い出されるのは、2012年に発覚した黒木瞳の娘による事件ですが、その舞台となった青山学院でまたしてもイジメ問題が勃発して今話題になっています。

 女優の江角マキコがママ友だった長嶋一茂の妻・長嶋仁子と揉めた末、自宅にスプレーで落書きするまでに至ったとのことですが…関係者によると、どうやら長嶋一家側も超がつくトラブルメーカーだったようです。

sponsored link

事件の超簡単なまとめ

 この記事、問題が結構複雑で中身が非常に長くなっています。なので、先に内容を簡潔に説明しておきますとざっとこんな感じ。

1.江角マキコがブログで娘のイジメ告白
2.ママ友が女性セブンで「加害者は江角」と反論
3.続いて週刊文春が江角マキコの犯罪を暴露
4.その際にトラブル相手が長嶋一茂一家と判明
5.世間が江角マキコ批判の論調に
6.しかし、長嶋側もまた加害者側だった

火をつけたのは江角マキコから

 さて、事の発端は2014年7月30日のこと。江角マキコが突如ママ友の間で起こったイジメをブログで告白したことから今回の騒動が始まります。

人は人、自分は自分

2014/7/30

もう四年以上前かな。。。
私もいろいろな噂話を流されたことがあります。
お弁当を作らずメロンパンをポンと持たせている、、、
とか
先生にいわゆるチクリをしてる、、、
とか
それはもう様々なストーリーで

なかなか想像力豊かな内容で今は笑えますけど、その時は露骨に無視をされたり、お茶会やランチ会をその噂を広めるために開かれたりとか
「違います!」と言いたいのを我慢して耐えました。
子どもと一緒にいる時に無視をされたり、嫌味を言われたり、、、そんなときも必死で耐えました。

静かに耐えていると助けてくれる人ができ、人付き合いがシンプルになりました
いろんな人に自分を正しく知ってもらうなんて、まず、無理!!と悟りました
すると、本当に無理をしないで付き合える新しい友人との、素晴らしい出会いがいくつもありました
子どもとは、学校の勉強、準備、個性を伸ばすための我が家独特のやり方を見つけました。
人の噂がいかにいい加減か、よく分かりました。
だから私は人の噂を信じないし、聞いたとしても自分が違うと思えば自分の目を信じて無視することができます。
だからこそ、マイペース、孤独に強い、という心持ちは、特に大切だと思うのです

(以下略)

江角マキコ公式ブログより

 これはメディアでも大きく取り上げられ、いわゆるママタレの間でも大きな波紋を呼びます。そして、週刊誌やワイドショーを中心に江角マキコ支持のムードが広がっていくわけですが…そんな中

女性セブンや週刊新潮にて(※見出し左下)
女性セブン

にて、ママ友側は「むしろ江角は加害者である。」とする反論記事を2日続けて掲載。
 抗議文の全文は女性セブンの2014年8月21・28日号に掲載されているのですが、さすがに2053文字は長すぎるので内容をかいつまんで説明すると

ブログでいじめ告白した江角マキコにママ友が「抗議声明文」

2014年8月7日 NEWSポストセブンより

<<彼女が仮に自分がいじめられていたと感じているとすれば、それは幼稚園の年長さんの3学期以降、彼女が数々の同級生へしてきたことがバレたために、彼女からみんなが距離を取ったというのが事実です。つまり、いじめがあったとするならば、それはむしろ彼女自身がされていたことであり、彼女は被害者というよりも加害者ではないか、と考えます>>

 これが本当であれば、江角の主張とは、真っ向から食い違うことになる。

 A子さんたちによれば、当初、江角もママ友たちと親しくつきあっており、江角が下の子(長男、5才)を妊娠した際には、彼女の代わりに友人たちが長女の面倒を見ることもあったという。しかし、江角はそんなママ友を裏切る行為をしていたというのだ。文書はこう続く。

<<いろいろな善意を受けてきながら、彼女は陰で、なぜかそのような人たちのありもしない噂を流したり、中傷をしていたのです。

 それは毎回同じような手口で、例えばAさんには「Bさんがあなたの悪口言っているよ」と言い、Bさんには「Aさんがあなたの悪口を言っているよ」という手口で、いろんなお母様と接触していたようです。賢い保護者の方たちが、それが何かおかしいと気づき始めたのは当然の流れだと思います。その事実を知ったお母様方が、お互いに確認作業したところ、おかしな言動の元がどこであったかが分かり始めました。その頃から、江角さんが離れて行ったというのが事実です>>

 A子さんたちは、これ以上具体的な内容を話すと子供たちに危害が及ぶ可能性があるとして、被害の実情については、明言はしなかった。しかし、女性セブンが学校関係者を取材したところ、複数の証言が出てきた。

「確かに江角さんは当初は他の保護者のかたと仲よくやっていました。行事も休まずに参加していましたから。ただ、彼女はいつも上から目線で、高圧的な態度だったんです。基本的に人の意見は一切聞かず、自分の正義や主張を押し通すんです。校内のボランティア活動などでは、他の保護者のやることにいちいち文句をつけて、全て自分のやり方が正しいと思って譲らない。自分がいちばん上に立って先導できないと我慢ならないタイプみたいで、周囲との軋轢を生みやすいかたでした」(学校関係者)

 そのため、自分より目立つ母親がいたら、容赦なく、彼女の攻撃対象になっていった。「あの人は目立ちたがり屋だから」とか、「本当はやる気なんかないのよ」とか、周囲に悪口を言いふらすのが常だったといい、そんな彼女の言動に傷ついた保護者はたくさんいたという。

 A子さんは、この抗議文を書いた理由について、最後にこう語っている。

「正直、江角さんに反論するのは、彼女と同じ土俵に上がることになるし、嫌でした。でも、ブログが嘘であるということ、そしてなによりも、彼女に傷つけられた人がどれだけいるか、ということを、世間のかたがたにどうしても知ってほしかったんです…」

とこんな感じで、江角マキコの話は全く逆であると主張しています。

そんな中、週刊文春も参戦

 そんなこんなで双方の見解が入り乱れる中、今度は週刊文春が江角マキコが行った犯罪行為について暴露したことで状況が一変します。

「都内の名門私立小学校を舞台にしたママ友バトル。今週発売の週刊文春が女優・江角マキコの因縁の相手が長嶋一茂の妻だったと報じた。」
「サンデー・ジャポン」キャプ1

「記事によると、2人は子供を名門私立小学校付属の幼稚園に通わせていた頃からの付き合いで、当初は良好な関係だったという。」
「サンデー・ジャポン」キャプ2

「家族ぐるみで温泉に出かけるほど仲が良かったです。」
「サンデー・ジャポン」キャプ3

「しかし、子供たちが小学校に上る直前、ちょうど江角マキコがブログで”ママ友イジメがあった”とした4年前に決定的なトラブルがあり、友人関係は一気に崩壊。」
「サンデー・ジャポン」キャプ4

「すると!一昨年(2012年)の暮れ、長嶋一茂一家がハワイ旅行に行っている際、高級住宅街に建てられた新築の家の真っ白な壁などに”バカ”、”アホ”、”バカ息子”と赤いスプレーで落書きが。」
「サンデー・ジャポン」キャプ5 「サンデー・ジャポン」キャプ6

「そして、この落書きをしたのが当時江角マキコを担当していた男性マネージャーA氏だと言うのだ。」
「サンデー・ジャポン」キャプ7

「A氏の知人は…。」
「サンデー・ジャポン」キャプ8

「Aは江角マキコから彼女の娘が学校でイジメに遭っていることや、相手の子供の親が長嶋一茂だということを聞かされ、落書きしてくるように頼まれたと言うのです。」
「サンデー・ジャポン」キャプ9 「サンデー・ジャポン」キャプ10 「サンデー・ジャポン」キャプ11

「また、スプレー代として10万円程度の金をもらったとも話した、とのこと。」
「サンデー・ジャポン」キャプ12

「週刊文春の取材に対してA氏は…。」
「サンデー・ジャポン」キャプ13

「誠意を持って謝ります。」
「サンデー・ジャポン」キャプ14

「と答えたというが、果たして真相は…?」
「サンデー・ジャポン」キャプ15

2014年8月31日「サンデージャポン」より

 夕刊フジでも「どうすれば効果的な反論ができるか知ってる。メディアに精通している人がいますよ。」と書かれていましたが、まさか相手が有名人で誰もが知る長嶋一茂とは…。

週刊文春掲載の問題写真
落書き写真

 で、この報道によって一気に形勢が不利になった江角マキコは、完全に沈黙するに至るわけですが…その徹底ぶりたるや、火曜日にレギュラー出演中のバイキングでも

この調子で

来週以降の放送でその姿を見れるのかさえ怪しい状態にまで追い込まれてしまいます。

 また、2014年3月から個人事務所「インクワイヤー」に所属中の江角マキコですが、実行犯とされている江角マキコの元マネージャーが現在も大手芸能プロダクション「研音」に勤務している点も問題視されています。

 「研音」は週刊文春の取材に対して「ノーコメント」としていますが、もし本当なら「研音」そのもののコンプライアンスにも問題があることにもなってくると思うんですが…。

長嶋側もまた加害者だった

 そんなこんなで、週刊文春の参戦によって一気に不利な状況に陥っている江角マキコですが、長嶋一家が完全な被害者だったかというと実はそういうわけでもないようです。

 というのも、週刊誌では一切触れられていませんが、長嶋一茂の嫁である長嶋仁子の青山学院における振る舞いは黒木瞳の娘のイジメ問題が表面化する前から有名

長嶋仁子(ながしまひとこ)の写真
長嶋仁子

この事件、ホントに迷惑な話です。

でも、表ざたになっていないだけで、いろんな事が親同士でも起きてます!

芸能人の子どもが多く通う青山学院。
長嶋一茂の妻「長嶋仁子」さん。
元ホステスで尋常ではない噂話好き。
噂話どころか作り話を作って、あたかも「私は芸能界の情報通」ですよ~ってな感じで青山初等部を牛耳ってます。
いつも自分のとりまきの親たちにあることないこと。。。

周りは嫌気が差しているのに、明日は我が身。
自分や自分の子どもがターゲットにされるのが怖くて何も言えません。

せっかく、良い学校に子どもが入学できたのに、迷惑な話です。

2012年12月21日 知ったかぶりの境界線より

といった噂が2年以上前から流れているほか、探せば粗が出るわ出るわ。それなりに問題のある人物だったようなんです。

55 :実名攻撃大好きKITTY:2008/07/23(水) 18:28:34 ID:HNcDSsAv0
一茂奥凄いねw
銀座でナンバーワンになった手腕を生かして、
青学でも仕切ってるって週刊誌に出ちゃったね。
役員も狙ってるとか。
出を恥じて大人しくしてると思いきやwww
有能には違いないんだろうけど、水商売上がりの女に
仕切られて青学ママはそれでいいの?
江角他芸能人ママの噂話したり、夫の姉妹に嫌われて結構その方が楽!
とか、青学ママを集めた自分仕切りの飲み会で吼えまくっていたらしい。
なかなか面白い記事でしたw

76 :実名攻撃大好きKITTY:2008/07/24(木) 13:55:12 ID:g24RYJCE0
一茂嫁の母親アフォだと思ったのは、結婚式だか何かの時インタビューされて
「一茂と家の娘は釣り合いの取れる良い結婚」とかハッキリ答えてたw
相手は「天下の長嶋家」なのにw
「家の娘には勿体ないお相手で~」とか謙遜は皆無でした。
家の格の差とか気にならないんだろうなw

で、その母親田舎から出てきて近くに家借りるとかじゃなく、
一茂宅で同居してるんでしょ?
どこまでも図々しいw

6 :可愛い奥様:2008/08/02(土) 13:36:31 ID:edGMVF+A0
そういえば、仁子さんって、銀座のホステスさんで、結婚の時に色々
叩かれてたけれど、綺麗で控えめな印象だった。
でも、今「私がこの学校?を変えてやる・・・」って言ったとか?
雑誌に書いてあって、あれ?結婚の時の印象と違う!ってビックリした。

143 :可愛い奥様@\(^o^)/:2014/08/31(日) 15:00:42.60 ID:UXaT5D+u0.net
>>133
10年くらい前にユンソナがバラエティで
「日本で親しくしているのはカズシゲさんの奥さん」
「チゲとかチヂミとか上手で、家に行って食べさせてもらっている」
と言っていて、芸能人じゃない一茂妻が、なんでユンソナとそんなに親しいのか謎だったし、
人脈が広くて面倒見がいい=ボスキャラだから、背後で仕切っているイメージだった

144 :可愛い奥様@\(^o^)/:2014/08/31(日) 17:55:14.03 ID:EP9hKbEH0.net
お水あがり、チヂミ上手い、チョンタレと懇意、うわあぁぁ
バカ息子ボンボンがチョンにロックオンされますた、にしかみえねー
茂雄グッズ1億売っぱらい、するわ・・・ 雑誌記事によると、一茂、三なんとか娘、ともに
事務所持ってて、らしい
一茂事務所、チョンばっかなヨカン・・・・・・・

90 :可愛い奥様@\(^o^)/:2014/09/02(火) 23:31:40.33 ID:70PquNTn0.net
何度も書いて申し訳ないけど、
>仁子は落書き騒動を大きくするために利用されたってことだね。
そういうニュアンスは無かったと思う。
単に他のお母さん達が大多数で、冷静に彼女達を見てるだけ、だけど迷惑って事。
実際、その学年の人の感想は違うのかもしれないけど、
上下(特に上のものにとっては下の代)のことは気になるものだし、
何かあったら迷惑がかかるのは上なんだし、一般のお母さん達はちゃんと弁えてるってこと。
取り巻きとか言われてる人達はごく一部の人なんだってことです。
本当にこの話は代を超えて迷惑な話だって、
お二人とも転校してくれたらまでははっきり言わないけど、そう思ってる人が多数かもね。

「青学発★イジメっ子ホステス嫁の長嶋仁子に何か?」ほか既婚女性@2ch掲示板より

 と、ちょっと探してもこんな感じ。
 もちろん、江角マキコの長嶋一茂宅への落書きは許されることではないですが、彼女がブログで公表したママ友によるイジメの内容は結構信ぴょう性が高そうですね。
 2年ぶり2度目となるイジメ騒動、名門私立小学校と言われる青学ですが、内部は一体どんな魔窟なんでしょうか。

 しかし、江角マキコはすでにスポンサーの花王がCM差し替え済みでレギュラー出演中のバイキングも10月の編成で降板との声が濃厚と言われています。
 今回のスキャンダルは年金未納問題のときと違って守ってくれる研音もおらず、このまま彼女が芸能界から消え去るのも時間の問題かもしれません。

 それにしてもこの事件、真相が究明される前からして落書きを指示した江角マキコ、イジメ主犯の長嶋仁子、犯罪を実行した研音、イジメ問題が相次ぐ青山学院と、登場人物にまともな人が一人もいないと思ってしまうのは気のせいなんでしょうか…?

登場人物、全員悪人
「アウトレイジ」全員悪人

sponsored link

Comment

  1. つす より:

    奥さん、銀座のホステスかぁ。清原問題でも銀ホスは焦点だよな。

  2. ももんが より:

    一茂なんて ただの
    親の七光りじゃんね。
    プロに行っても たいした功績も 残せず 今 何?
    何して 食ってる人?(笑)
    偉大な 父上に 感謝しろよ。
    どら息子と ホステス上がりの
    バカ嫁が 何様顔で 偉そうに
    してるのが 意味不明。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

sponsored link
PAGE TOP ↑