謎の女優シシド・カフカ、その本名もやっぱりちょっと変わってた?

シシド・カフカ

 ドラマ「ファーストクラス」の出演する謎の女優…といえばこの人、シシド・カフカですね。一目見たら忘れないルックスとミステリアスな魅力から「この人誰!?」と検索する人も後を絶たないようですが…。

 そんな彼女、そのバックグラウンドについてはあまり知られてない様子。ということで、今回はそんな彼女のブレイク前の下積み時代やその素性について簡単にまとめてみました。

sponsored link

シシド・カフカって誰?

 という人もいると思うので、まずは彼女の簡単なプロフィールから。
 最近テレビで何かと見る機会の多い彼女は、女優もやって神戸コレクションのランウェイも歩いてバラエティにも出演して…と幅広く活動していますが、実は本職はドラマー。

 ブレイクのきっかけもドラムからで、2013年に

プリッツのCM

CMのメイキング動画

に出演したのをきっかけに、「あの女性は誰!?」とたちまちネット上で話題の存在となり、今のような人気となりました。このCM、皆さんも一度くらいは見たことあるのでは?

 そんな彼女は現在29歳とまだまだ若いのですが、その活動歴は意外にも長くなんと10年以上にものぼります。やはり売れない下積み時代は紆余曲折あったようで、バーでの週6バイトに加えて

カットモデル
カットモデル時代

みたいなこともやっていたりと、食べて行くのにはなかなか大変だったみたいです。

 今でこそトレードマークとなっている印象的なこの前髪も実はここ2~3年でやるようになったもので、デビューのためにインパクトを求めていた彼女のキャラ作りの一環だったのかもしれませんね。

ちなみに前髪を上げるとこんな感じ
前髪アップのシシド・カフカ1 前髪アップのシシド・カフカ2

カフカって本名なの?

 さて、そんな彼女のもう1つの気になるポイントは何と言ってもその妙な名前ですよね。
 生まれはメキシコ、育ちはアルゼンチンという彼女なので、カフカという名前も本名…なのかと思いきや、こう見えても純日本人でこれはただの芸名なんだとか。なので英語も全然喋れないそうです。

幼少期から日本人離れした顔立ち
幼少期 中学時代

 では、彼女の本名は一体何なのかというと…実は非公開となっている上に卒アルなどがあるわけでもないので、今でも明らかになっていません。

 ただ、彼女はシシド・カフカとしてデビューする前は宍戸佑名(ししどゆうな)という名前で長年活動しており、おそらくこれが本名なのでは?という説が今のところ有力なようです。

“宍戸佑名”時代の写真
宍戸佑名名義の時代

 ちなみに彼女のカフカという芸名は、元博報堂の渡辺潤平というコピーライターに直々に依頼してつけてもらったもので、チェコ語で

コクマルガラス
コクマルガラス

という意味があるそう。
 なんでまたカラスなのかというと、その理由は至ってシンプルで「シシド・カフカがいつも黒い服ばかり着ているからカラスのイメージがあったから。」とか。作家のフランツ・カフカとは全然関係ない由来みたいですね。

まさに才能の塊

 さて、そんな彼女はドラムが専門なわけですが、芸能界では信じられないくらい多彩な才能を発揮していて

ギターも弾くし
ギターを弾くシシド・カフカ

身長175cmでモデル業も舞い込むし
神戸コレクション2012のランウェイ

ドラマ「ファーストクラス」では女優初挑戦でも演技が絶賛され
菜々緒のコメント ともさかりえのコメント

高級セレクトショップ「バーニーズNY」の広告デザインも手がけ
「バーニーズニューヨーク」

挙句、雑誌「BARFOUT!」に書道の連載ページを持つ
「BARFOUT」より

などなど、その八面六臂ぶりはとにかく才能の塊の一言
 ネクストブレイク間違いなしのこの人材、名前だけでも覚えておいて損はないかもしれませんね。

1%くらい分けてあげたい…?
新ギャグ「開店ガラガラ」

sponsored link

Comment

  1. What’s up to all, it’s in fact a pleasant for me to go to see this website,
    it consists of important Information.

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

sponsored link
PAGE TOP ↑