黒歴史多すぎ!仲間由紀恵の恥ずかしい過去を掘り返してみる

仲間由紀恵

 歌手や俳優、アイドルでも芸能人なら誰しもブレイク前の過去があるもの。
 そういう昔の仕事は思い返してみると、ちょっと恥ずかしかったりするものでネット上でもちょくちょく掘り返されては話題になっていたりもしますが…。

 今回は、その中でも特に数が多いことで知られる女優・仲間由紀恵の黒歴史にスポットを当ててみました。

sponsored link

その数なんと、打線が組めるほど

 今となっては「TRICK」や「ごくせん」でおなじみの仲間由紀恵ですが、実はデビューしてからブレイクするまでの間には、CDを出したり、声優に挑戦したり、水着になってみたり、結構いろいろな仕事をこなしていたことはあまり知られていません。

工藤静香に憧れて芸能界入り
デビュー当時

 そのせいか、黒歴史とされる仕事の数もかなり多く(本人がどう思っているのかは知りませんが)ネット上では「仲間由紀恵さんの黒歴史で打順組んだ」なんて人もいるほど。せっかくなので打順にそって1つずつ見ていきましょう。

1番(三)「HAUNTEDじゃんくしょん」

 これは、1997年に放送された学園オカルトコメディもののアニメで、当時はアイドルだった仲間由紀恵がヒロイン役の声優から主題歌のOP、EDまでを担当しています。
 実は演技も上手いと結構好評で、特に変な点があるわけではないのですが、なぜかDVD化はされていない作品です。

冒頭から登場する赤髪の少女・朝比奈睦月役

 それにしても、メインキャストな上にテーマ曲も担当するなど、かなりプッシュされてるのがわかりますね。もし、この作品でブレイクしていたら仲間由紀恵は女優ではなく声優として活動していたのでしょうか…。

2番(左)「ガメラ3 邪神<イリス>覚醒」

 ガメラといえば、東宝のゴジラと並んで日本の怪獣映画の名作ですが、1999年に上映されたシリーズ第3作(平成版)に仲間由紀恵は登場しています。
 TRICKでブレイク直前の彼女を見ることができますが、登場した直後にミイラされてしまう酷さから黒歴史認定となったよう。

(※8:30~)

メイキングではノリノリ(※1:30~)

3番(遊)「機動戦艦ナデシコ」

 声優としては2作目の作品で、90年代の超人気アニメ「機動戦艦ナデシコ」の劇場版「The prince of darkness」です。
 劇中での役柄は重要なポジションなのですが、セリフは少なく本人が「声優としての仕事より取材やインタビューを受けていた時間の方が長かった」と語るなど悲惨なエピソードも。

(※0:25~)

当時のインタビュー(※1:50~)

4番(一)「ロックマンX4」

 ネットでは不動の4番とも評される一番有名な黒歴史
 1997年に発売されたロックマンのXシリーズ4作目で、この作品では主題歌のOPとEDを担当。どうも仲間由紀恵は歌が絡むと黒歴史化しやすいみたいですね…。

負けない愛がきっとある(OP)

ONE MORE CHANCE(ED)

 歌そのものよりも、この画像が黒歴史度を高めている要因かも?

ロックマンX4

5番(捕)「トゥルー・ラブストーリー」

 1996年にプレイステーションで発売された、いわゆるギャルゲー。
 これも主題歌を担当しているんですが、当時放送された実写CMも合わせてのランクイン。歌詞にも注目です。

トゥルー・ラブストーリー~恋のように僕たちは~(OP)

本人出演の実写CM

6番(右)「東京パフォーマンスドール」

 ここらへんから下位打線になるので、サクサク進みましょう。
 東京パフォーマンスドールは、1993年頃にブレイクしたアイドルです。一時的に所属するも、直後にグループ自体が自然消滅

TPD在籍時の画像
東京パフォーマンスドール

7番(中)「仲間由紀恵 with ダウンローズ」

 AUのテレビCMのために、イメージキャラクターを務める仲間由紀恵を中心に2006年に結成されたユニット。懐かしいですね。

恋のダウンロード(PV)

8番(二)「MOONLIGHT to DAYBREAK」

 1996年に発売されたシングルで、CDデビュー曲もオリコン74位とふるわず。「HEY!HEY!HEY!」の深夜番組版「TK MUSIC CLAMP」のED曲。

MOONLIGHT to DAYBREAK(PV)

9番(投)「渋谷でチュッ!」

 「渋谷でチュッ!」は1997年にテレビ東京で放送された声優のトークバラエティ番組。
 当時は女子高生で「HAUNTEDじゃんくしょん」がらみでの出演だったのですが、昔から今と全然変わらないルックスに驚きですね。これを見る限りでは整形とかはしてなさそうです。
番組HPのインタビュー記事

当時の仲間由紀恵
高校

まとめ

 ということで、数は多いものの全体的に言うほど酷くはないような気がします。
 まあ、これは全部ネット上で勝手に言われているだけで、おそらく仲間由紀恵本人は黒歴史とは思っていないでしょう。だって、本当の黒歴史というものはプロフィールにも載らないものですから…。

こういうのとか…

sponsored link

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

sponsored link
PAGE TOP ↑